Setting

[.env]ファイルの設定内容について説明します。

Default Locale

アプリ言語コードを設定します。

default_locale=ja

Maximum number of admin’s members

管理画面を操作できる最大ユーザ数を設定します。
デフォルトテーマでは、最大ユーザ数に到達するとトップページに管理画面へのリンク[Setting]が出なくなります。

MAX_MEMBER_COUNT=2

super_admin email

管理者ユーザのメールアドレスを設定します。
このメールアドレスで登録するとすべての管理項目を編集できるようになります。

ADMIN_USER_EMAIL=dummy@dummy.com

redis host and port

ワーカーにsidekiqを使用しており、storageにはredisを使用しています。

REDIS_HOST=dummy.com
SIDEKIQ_NAMESPACE=sidekiq

mongodb host

メインDBにmongodbを使用しているので適切なホスト名を設定してください。

MONGODB_HOST=dummy.com

webpack-dev-server

開発環境で使用するwebpackerドメイン名を設定します。

WEBPACK_DEV_SERVER_PUBLIC=1.2.3.4

Logging to STDOUT

開発環境でログを出力したくない場合は以下をコメントアウトしてください

RAILS_LOG_TO_STDOUT=1

action mailer settings

ユーザ登録する際に送られるメール設定を行います。
次期リリースで管理画面で変更できるようにする予定です。

MAILER_SMTP=dummy.com
MAILER_PORT=587
MAILER_DOMAIN=dummy.com
MAILER_USER_NAME=dummy
MAILER_PASSWORD=dummy
MAILER_AUTHENTICATION=login
MAILER_ENABLE_STARTTLS_AUTO=true

mailer_sender used by devise

送信されるメールのfromに記載するメールアドレスを設定します。

MAILER_SENDER=dummy

twitter api keys

ツイッターのAPI設定を行います。

TWITTER_CONSUMER_KEY=dummy
TWITTER_CONSUMER_SECRET=dummy
TWITTER_ACCESS_TOKEN=dummy
TWITTER_ACCESS_SECRET=dummy